NEWスーパーFK工法

NEWスーパーFK工法の特長

■トップクラスの摩擦力

・節杭と膨張性混和材によるコラボレーション
・ハイレベルな摩擦力による高支持力化を実現
・杭材を短く、細く、少なくすることが可能

■あらゆるバリエーションに対応

・先端地盤は砂質、礫質、粘土質地盤に対応
・杭のサイズは300450~10001200まで対応
・3つの杭径で接続可能(軸部径・中間径・節部径)
・水平力に応じた経済的な杭種の選択が可能

■時代のニーズに応えたシンプルな施工

・全長ストレート掘削で複雑な施工工程がない
・施工管理が容易で確実
・工期短縮を実現
・発生残土量を縮減

NEWスーパーFK工法のバリエーション

地盤条件や用途に合わせ様々な杭材の組み合わせが可能です

必要な水平力に対応した各種杭材を上(中)杭に軸部径で継ぐことができます。
また杭頭部を拡径した拡頭型(Eタイプ)を用いて、ワンランク上のストレート杭を選択することで、より経済的な組み合わせが可能です。
拡頭型(Eタイプ)には節部径で接続する仕様と、軸部径と節部径の中間径で接続する仕様の2種類があります。

施工順序

地盤の許容支持力計算式

ここで、(i)、(ii)式において、

α: 杭先端支持力係数 α=172(砂質地盤・礫質地盤)
α=163(粘土質地盤)
β: 砂質地盤における杭周面摩擦係数
①節部 βNs=6.6Ns+26を満たすβ
②ストレート部 β=5.8
γ: 粘土質地盤における杭周面摩擦係数
①節部 γqu=0.8qu+24を満たすγ
②ストレート部 γ=0.74
N 節杭の軸部最下端より下方に1D2、上方に1D2
(D2:節杭の節部直径)の区間の地盤の標準
貫入試験による打撃回数の平均値(回)
ただし、N>60はN=60とする
Ap: 節杭の節部有効断面積(㎡)
Ap=π・D22/4
Ns 杭の周囲の地盤のうち、砂質地盤の標準貫入
試験による打撃回数の平均値(回)
0≦Ns≦30、ただしNs>30の場合はNs=30とする
Ls: 杭の周囲の地盤のうち、砂質地盤に接する
有効長さの合計(m)
qu 杭の周囲の地盤のうち、粘土質地盤の一軸圧縮
強度の平均値(kN/㎡)
0≦qu≦200、ただしqu>200の場合はqu=200とする
Lc: 杭の周囲の地盤のうち、粘土質地盤に接する
有効長さの合計(m)
ψ: ①節部 ψ=π・D2:節杭の節部外径
②ストレート部 ψ=π・D1:節杭の軸部外径

適合条件

適用する地盤の種類
■基礎杭の先端付近の地盤の種類:砂質地盤、礫質地盤、粘土質地盤

最大施工深さ
62m(先端地盤:砂質地盤) 50m(先端地盤:礫質地盤) 58m(先端地盤:粘土質地盤)

Copyright© HOKUYU-SANGYOU Inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP