製品・工法ご案内

製品~PHC節付杭

大きな摩擦力を得る目的で開発された軸部径(杭本体部)に+150mmの節が1m間隔で設けられた節杭です。
軸部の断面性能はPHC杭(Fc=85N/mm2)と同等であり、有効プレストレス量により曲げ性能の異なるA・B・C種をご用意しております。
品質については日本工業規格適合性認証「JIS A 5373 プレキャストプレストレストコンクリート製品Ⅱ類」を取得し、厳重なる品質管理の元で製造されております。

節付杭 認定工法

シンプルで確実な施工を目指し開発されたBESTEX(ベステックス)工法をさらに改良した工法です。 節付杭を用いて安全性と経済性を飛躍的に高めました。
BESTEX工法と同じくプレボーリング拡大根固め工法の1種で、水セメント比150%、ミラセピアセメント(繊維質鉱物の粉末)比0,75%の掘削固定液を注入しながら所定深度までソイルセメント状の掘削孔を造成した後、節付杭を埋設する工法です。

支持杭 認定工法

BESTEX・ST-BESTEX工法は、プレボーリング拡大根固め工法の1種です。
攪拌翼を有する掘削攪拌装置を用いて水セメント比450%の掘削液を注入しながら、オーガーモーターを正・逆回転及び上下反復します。所定深度までソイルセメント状の掘削孔を造成した後、ミラセピア(繊維質鉱物の粉末)を混入した根固め液を注入して根固めを行い、回転キャップにセットした杭を掘削孔に建て込み回転埋設によって定着させる工法です。

高支持力杭 認定工法

HiFB工法はプレボーリング拡大根固め工法に分類される高支持力杭大臣認定の埋め込み杭工法です。基礎杭先端に特殊形状の杭を使用しないため、すべての種類の既成コンクリート杭を使用できます。

HBM工法は、オーガビットと攪拌ロッドからなる掘削攪拌装置を用いて掘削を行い、支持層付近での先端拡大掘削後根固め液並びに杭周固定液を注入したソイル柱に既製コンクリート杭を自沈あるいは回転により所定の深さに定着させる工法です。

New-STJ工法は、杭中空部にオーガを挿入して掘削・圧入しながら杭を沈設した後、先端ビットの逆転拡大翼により拡大球根を築造し、大きな支持力を発現させる高支持力杭工法です。

羽根付鋼管杭 認定工法

G-ECSパイル工法は、多様な地盤で最大級の支持力係数を発揮する鋼管杭基礎工法です。環境に優しく、しかも狭小地や搬入路での施工も可能。シンプルな杭デザインや施工機の小型化によって製造・施工のコストダウンも実現しました。

NEWスーパーFK工法

国土交通大臣認定埋込杭工法。
様々な地盤に対応したトップクラスの摩擦力。様々な杭材の組み合わせが可能です。

Copyright© HOKUYU-SANGYOU Inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP